RSS|archives|admin|

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

DQ10/そうだ、特訓モードになろう

2014.01.13 Mon

119678749.jpg

ドラクエ10におきましては発売日とほぼ同時にずっとプレイしていますが、つい先日初めてレベルがカンストするということを経験しました。我ながら思います、遅すぎると。
厳密に言うとver1.5で一度レベル75にカンストしたのですがそれがバージョンアップ前日の夜という、カンストしたという実感もないまま翌日には上限がレベル80に開放されてましたからね。
戦闘終了後に獲得ゴールドしか表示されないこの違和感と共にじわじわと実感する喜び、カンストを経験できて誠に嬉しい所存です



しかしモンスターと戦っても少なすぎるゴールドしか手に入らないのはもったいないので、ついに噂に聞いていた特訓モードというものに乗り出すことにしました。
そこで上の写真にもあるように、グレン城の指導教官の元を尋ねたわけです。





DSC02804.jpg

腕を組みながら微動だにしない姿勢で構える指導教官と、その横で手を休めることなくひたすら剣を振り回す弟子らしき存在を前におそるおそる話しかけた、見知らぬエルフ(女)相手に繰り出される怒涛の「!」ラッシュ
そして今まで着実に積み上げてきた実力を、「特訓」を受けていないという理由により全否定されるという。初対面にも関わらず一瞬で相手を敵にまわしたこの教官、凄すぎる。




DSC02805.jpg

何度も言いますが初めて会う冒険者を相手に、会話を始めて僅か5秒で話す言葉を「イエッサー!」のみに制限してしまう非常に傲慢な態度




DSC02806.jpg

この頃は夜23時を回り、エアコンの温風に当たりながら思いました、眠いと。しかもこの日は冬休み最終日であり、翌日から待ちうける早起き地獄、授業地獄、課題地獄。そんな状況にも関わらず「イエッサー!」を連呼しなければいけない、とてもじゃないけど今はそんなテンションではありません。




DSC02807.jpg

しかし教官は決して口を休ませない
徐々に襲ってくる眠気の中、わたしは思いました
幾多の冒険者が、この「イエッサー!」地獄を乗り越えてきたのか、と。
同時にこの「イエッサー!」地獄を乗り越えてきた冒険者を、尊敬の眼差しでしか見ることができませんでした。
特訓モードへの道がこんなに過酷なものだとは思っていませんでしたし、カンストに自惚れていた自分が情けなくなりました。


とりあえずクエストを受けることができました。疲れた。




119684595.jpg

さて特訓モードになるためには、ベコン渓谷に生息するネクロバルサから邪気のツノを手に入れないといけません。
ベコン渓谷に行くとたくさんいましたネクロバルサ





119685934.jpg






119678749.jpg







119689036.jpg







119678749.jpg



目の間隔さえ違いますが、指導教官の分身かと思うくらいにそっくりで普通にびっくりしました
教官に、着ている服をちょっとはだけながらムチを持って渓谷を歩き回るという趣味があるとは


バイキルトをかけてくるので通常攻撃も痛いし、ジゴディンも使ってくるので普通に強かったです。
ほとんどの人がこれをレベル50で倒しているから驚きです。レベルが30上がった今でも苦戦しました。






DSC02808.jpg

結構時間がかかりましたがクリアできましたー!ネクロバルサ強かったもうやりたくない!







応援クリックよろしくおねがいします!

人気ブログランキングへ ドラゴンクエスト10オンライン・攻略ブログ  





(おまけ)



120723633.jpg

教官、迷宮にもいた


関連記事
スポンサーサイト


Theme:ドラゴンクエストⅩ | Genre:ゲーム |
Category:ドラゴンクエスト10 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。